「言葉と発想力」学校での使い方


基本的には先生の自由な発想で使ってください。



以下は留意すると良い点です。


1、使いやすい時間は、国語の授業内、朝の会、授業が早く終わった時などの隙間時間です。

2、模範解答はありません。子供の自由な発想を大切にしてあげてください。

3、発想することが苦手な子には先生が例を伝えてあげてください。

4、友達とおしゃべりしながらワイワイ行う方が思考の広がりがあります。

5、問題数が少ないので類似の問題を先生が作ってあげると学習効果が高まります。

6、どんなユニークな考えでも先生が認めてあげてください。先生が認めることで児童同士も認め合う関係が生まれます。